アーカイブ
カレンダー
2014年11月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

postheadericon システム開発

システム開発・ウェブ制作に関するご相談は/株式会社アスコット
caeのソフトを使いこなすならこちらで講座を受けよう|HyperWorks
システム開発会社を選ぶなら見積りで依頼しよう│発注ナビ

何ごとかを行うためには、そのためのシステムをつくり上げることが大事です。
ということを、ちょっと四角張った言葉で表現しようとすると、たとえば《システム開発の必要性》みたいな感じになります。

会社の中で仕事をするときにも、「システムの開発が大事だよね」というようなセリフをよく聞くと思います。そしてそのたびに、人によってはウーンと唸るだけで留めてしまう……という人も多い……はず。


ITっぽい言葉

《システム開発》という言葉はいかにも、ザ・エンジニアって感じの言葉です。
それも、何かこうスラっとしていてオシャレなメガネをかけた青年がやってきて、細い指でパタパタとキーボードを打ち、やがて完成!というような。

つまりは、多分にITっぽい感じであるわけです、この言葉は。
たとえば勤怠管理システムの開発をしよう、などと言われると、「複雑なコンピュータシステムを作り上げること」というようなことにイコールで結んでしまいがちなんですね。

システムを作る

もちろん、最終的には現代の《勤怠管理システム》というものは、コンピュータ・システムを開発し、利用し、進めていくもの――という感じになります。
しかし、「勤怠管理システムを作る」というのは、コンピュータの画面を睨んでパタパタとキーボードを叩く……ということを意味しているものではありません。

じゃあ、どういうことなの?ということを見てみましょう。まずは、ひとつのシステムを開発すること。これはどういうことであるのか、ということから、見てみる必要がありそうです。

最新の勤怠管理システムに注目!@株式会社ビー・ユー・ジーSST
勤怠管理システムを導入するなら|NSPの人事総務統合ソリューション